メタボ改善で、くも膜下出血を防ぐ! | 知ってる?SAH

【高次脳機能障害】脳の異常が引き起こす障害

酸素が供給停止や脳血管の破裂・詰まり、ウイルス(または細菌)感染など、脳にダメージを与える病気は多く有るとされています。
これらの病状は、脳に大きな負担を与えあることとなり、後天的な障害さえ残すこともあるそうです。
後遺症を残す恐ろしい脳疾患を紹介していきます。

  • 脳への外傷は絶対ダメ!

    脳への外傷は絶対ダメ!

    硬い頭蓋骨に守られている脳は、外部からの強い力に弱く、損傷すると様々な障害や症状を引き起こすことが予測されているそうです。

  • 脳疾患がリスクを高める

    脳疾患がリスクを高める

    脳疾患は、脳を内部から傷つけることにつながります。血流が詰まったり、破裂したりすると、脳が受けるダメージは絶大のようです…。

  • 事故に多い高次脳機能障害

    事故に多い高次脳機能障害

    頭部の外傷は事故によるものも多く、事故を起こすと高次脳機能障害という障害を引き起こす可能性があり、感覚が分からなくなったりするそうです。

 
 

脳疾患には、脳出血やウイルス感染、脳梗塞などがあり、どれも内側から脳に大きなダメージを与えることとなる病気です。

これ等の病気が脳を傷つけると、後天的な障害・高字脳機能障害を引き起こす可能性があるとされています。
しかし、最も高次脳機能障害を引き起こす脳疾患は…のようです。

【脳の疾患は恐ろしい!?】高次脳機能障害の始まり…

脳とは、記憶や気分、行動や思考などを作り出し、身体全てに指示を出し、コントロールしている場所です。
脳の働きにより、色や匂い、音、空間などの認識をすることができ、身体各部の器官から受ける刺激に対して調整するように指示を出しているそうです。

しかし、脳はとても脆く、血管の病気を起こすことがあるそうです。
脳に起きる病気は脳疾患と呼ばれ、高血圧や動脈硬化などで血管が脆くなり、血管内で血液が詰まり、破裂・出血が生じた状態を言うそうです。さらに、脳への酸素の供給が10秒ほど途絶えただけで、意識消失や何らかの障害を引き起こすようになってしまうとも言われています。

このように脳への損傷は、様々な症状を生じさせる原因になり、高次脳機能障害という病気を引き起こすことにもなるようです。
高次脳機能障害とは、脳が損傷したことによって生じる神経症状であり、後天的な障害のことを言うそうです。その症状は数が多く、言語や記憶などに症状が現れるようになるとされています。

高次脳機能障害を引き起こす可能性のある脳疾患とは、どのようなものなのか紹介していきます。

身近で起こりやすい、脳炎・低酸素脳症

脳炎は、細菌などの感染が原因して脳が損傷されたことで生じる病気を言うそうです。
このウイルスが脳へ侵入すれば、何らかの神経が麻痺したり、高次脳機能障害が発症することがあるとされています。

低酸素脳症とは、喘息や窒息などにより、脳に一時的に酸素が供給されなかったことが原因して生じる病気です。
低酸素脳症の原因は、一時的な酸素供給の停止だけでなく、脳腫瘍などの脳疾患が関係している場合もあるようです。
発症時に何分間血流が途絶えたかや、脳のどの部位に酸素が流れていなかったかなどにより、高次脳機能障害の程度は変わってくるそうです。

脳を傷つけるのが一番悪い!?脳外傷は怖い

脳外傷とは、交通事故などによる頭部の強い外傷により、脳の損傷・出血を言い、外傷性脳損傷(または頭部外傷)のことを意味しているとされています。 脳外傷による高次脳機能障害の原因は交通事故によるものが多く、高齢になると転落など転んだことなどが原因になっているようです。
脳が損傷したことによって、これまで機能いていた脳細胞は破壊されてしまい、外傷前のようには機能しなくなってしまいます。
また、脳の働きが障害されたことにより、高次脳機能障害が見られるようになるようです。

様々な原因から発症するケースのある高次脳機能障害は、明日はわが身かもしれません。
そして交通事故による発症が多い高次脳機能障害は、被害者であっても事故の示談金を保険会社から低めに提示されることが多いようです。
どのくらいの示談金が適正なのかを分からずにそのまま受け入れてしまうと、後遺症を負ったのに損をしてしまうことも…。

このような場合は、高次脳機能障害に対する知識や交通事故の事案を専門に扱っている弁護士をしっかり選ぶことが十容易になります。
もし、弁護士選びに失敗してしまった場合は、上記のように後遺症+損ということで、全て自分のマイナスに…。

車に乗っている人は交通事故に備えて、今から弁護士選びをしておくことをおススメします。
また、交通事故などを専門に扱い、高次脳機能障害に詳しい法律事務所を一つ紹介しますので、弁護士選びの参考にしてみてください。

脳疾患の恐ろしさ〜交通事故交渉に特化した弁護士を選びましょう
交通事故のプロの弁護士 - むさしの森法律事務所
交通事故で脳に見られる病気や外傷。これ等は高次脳機能障害という後天性の障害を引き起こす可能性をもっているんだとか。
脳が傷つくことで発症しやすいため、事故などには要注意!

日々の生活がリスクを高める脳血管障害(脳卒中)

脳血管障害とは、脳神経系に生じる障害を総称した呼び方と言われています。
血管にできた病変が原因で引き起こされる疾患で、多くは脳卒中の意味で利用されているのが一般的なようです。
症状は、脳血管の破裂や詰まりによる酸素などの供給停止で脳に障害が生じる病気とされています。血流が停止した部位によっては、言語障害や麻痺などの症状が生じる可能性があるそうです。

脳血管障害の分類としては以下のようになっています。

くも膜下出血

くも膜下出血は、脳血管に脳動脈瘤を形成しており、それが破裂したことにより激しい頭痛を引き起こす病気と言われています。
くも膜下出血から発症する高次脳機能障害は、記憶障害や突然の興奮による怒りなどが見られるようです。

脳梗塞

脳梗塞とは、脳血管と呼ばれる脳内に酸素などを運ぶための通り道を閉塞する病気とされています。
閉塞の原因によって、脳塞栓と脳血栓のどちらかに分けられます。

脳出血

脳血管の中でも細い血管が破裂、出血することで生じる病気とされています。
出血量や部位で高次脳機能障害の程度が変わってくるそうです。極めて少ない出血であれば高次脳機能障害は軽く、早期回復が見込めると言われています。

ただし、脳血管にできた血腫が大きければ、高次脳機能障害は重く、日常生活にでる支障は大きなものになるようです。

  • <くも膜下出血を詳しく知ろう!>前兆・症状や後遺症と生存率・原因も
  • <くも膜下出血発病の原因は何だ?>脳動脈瘤・喫煙や飲酒・高血圧・外傷やストレス
  • <くも膜下出血に関係のある病気>脳内出血・脳卒中・脳梗塞・心筋症
  • <治療・予防のガイドライン>診断・治療や手術・運動/食事による予防
  • <くも膜下出血コラム>リハビリ・有名人の中にも・年齢による違い