くも膜下出血…命を脅かす恐ろしい病気【知ってる?SAH】
脳内出血

脳内出血

指を切るなどして起こった出血は、患部を抑えて止血するなどの処置を自分で行うことが出来ます。しかし、脳や内臓の周りで発生した出血は手術や投薬で処置しなければなりません。ここでは、くも膜下出血と関連して発生する脳の疾患の一つである脳内出血について解説していきます。

脳内出血の怖さとは?

くも膜下出血などに代表される脳内で発生する脳内出血は、運動障害や言語障害など脳の機能や生命に大きな影響をもたらす病気の原因になりがちです。

脳内出血はどのような原因で発生して、どのような症状を見せるのでしょうか? 脳内出血について解説していきます。

定義について

「脳内出血」という言葉には二通りの意味があります。一つはくも膜下出血のように脳内での出血を伴う疾患の総称、もう一つは脳内で出血が発生する疾患です。

前者は一般的には「脳出血」または「脳溢血」と呼ばれることがほとんどです。ここで取り扱う脳内出血は後者の定義に基づいて解説します。

どんな症状が現れるのか?

脳内出血は、脳に血液を送る栄養血管のどこかが破裂して出血することで起こります。そのため出血した部位に対応する脳機能の違いによって症状が変化します。

手足の運動に関わる部位であれば運動障害、言葉に関わる部位であれば失語症、視覚に関わる部位では半盲・視界狭窄などというように日常生活に多大な影響を与えかねない症状が単体もしくは複数同時に発症します。

場合によっては呼吸中枢がある脳幹部に影響が及び、命を落としてしまうという最悪の結果を招くこともありえるのです。

発生の原因は何か?

脳内出血が発生する原因としては、高血圧の影響と先天的な血管の奇形が上げられます。高血圧が原因となっている場合「高血圧性脳内出血」、血管の奇形などが原因の場合「肥厚血圧性脳内出血」として分類されます。脳を通る血管網は毛細血管が多く、血圧の急激な上昇に耐えられないことが多いのです。

そのため、高血圧を原因として発症する場合が圧倒的に多いのです。また、脳内出血やくも膜下出血の発症原因となる先天的な血管の奇形は、遺伝によって起こることがほとんどです。もしも自分の家族や親族に脳内出血を起こしたことがある人が居る場合、発病リスクを抱えているものと考えておくべきでしょう。

どんな治療法があるのか?

脳内出血が発生した場合、CTスキャンやMRI検査で脳周辺の状態を確認し保存的治療と外科的治療のどちらかを選択します。保存的治療では開頭を行わず、降圧剤など投薬・点滴などの内科的手法で治療します。

外科的治療では、開頭手術を行なってドレナージ管の挿入などを行います。出血が凝固すると血腫になり硬膜下血腫・硬膜外血腫を引き起こすことがあります。

この場合は、必ず外科的治療が選択されます。また、出血によって頭蓋骨の内圧が上昇して脳浮腫を起こす恐れがある場合は、抗浮腫剤の投与または頭蓋骨の一部を切除して脳圧を低下させる処置を取る場合があります。

  • <くも膜下出血を詳しく知ろう!>前兆・症状や後遺症と生存率・原因も
  • <くも膜下出血発病の原因は何だ?>脳動脈瘤・喫煙や飲酒・高血圧・外傷やストレス
  • <くも膜下出血に関係のある病気>脳内出血・脳卒中・脳梗塞・心筋症
  • <治療・予防のガイドライン>診断・治療や手術・運動/食事による予防
  • <くも膜下出血コラム>リハビリ・有名人の中にも・年齢による違い

関連リンク