くも膜下出血…命を脅かす恐ろしい病気【知ってる?SAH】
くも膜下出血,症状

症状

多くの人が病気に付いて知りたい事柄は、「原因」と「症状」に絞られると断言できます。「何を避ければ病気にかからないのか」「どの病気を患うことが命に関わるのか」を知っておくことで最小限の努力で健康を最大限に維持したいからです。ここでは、くも膜下出血の症状について解説します。

くも膜下出血の症状はどんなものなのか?

「病気についての情報」には予防法や治療法、信頼できる名医や病院、発病の原因など様々ありますが、優先順位の高さから言えば「症状」について詳しく知りたいというのが本音です。

では、くも膜下出血で起こる症状とはどのようなものなのでしょうか?

主な症状について

くも膜下出血は命に関わる病気の一つに数えられ、症状を正確に把握しておくべき病気であるといえます。発症するとどのような症状が襲い掛かってくるのかを解説します。

強烈な頭痛

くも膜下出血の代表的な症状といえるのが「強烈な頭痛」です。その強さは「金属バットやハンマーで頭をガーンと叩かれた」と言われ、余り経験したくない部類の痛みをもたらすようです。

この頭痛は突然起こって消えたかと思えば、数日間に渡って長引くこともあります。風邪などでも頭痛を感じることが多いため、油断して病院に行かないということにもなりやすく、くも膜下出血を重病にしている元凶ともなっています。

吐き気・嘔吐

頭痛以外に起こる症状としては、吐き気や嘔吐が挙げられます。この吐き気・嘔吐はくも膜下腔に流れ込んだ出血によって脳に隣接する軟膜が押し下げられて、脳を圧迫することによって起こります。

この吐き気・嘔吐は頭痛と共に起こることが多く、風邪などの頭痛と吐き気を催すような病気と勘違いしてしまう原因になりやすいのです。

項部硬直

項部硬直は、くも膜などの髄膜が刺激されることで起こる「髄膜刺激症状」によって起こる症状です。「項部」とはうなじのことで、背面部の首から肩に掛けてが突っ張ったような状態になって首を前に曲げにくくなるというものです。

本来、首を前に上げると髄膜に刺激が加わるものですが、髄膜刺激症状を起こしていると髄膜に掛かる刺激はより大きなものになります。そのため筋肉が刺激を和らげようと逆方向に緊張するため、周りから見てもはっきり分かる形で反応が出るのです。

意識障害

頭痛発作が出てから時間が経過して出血量が多くなると、失神や昏睡状態に至る意識障害が発生します。軽症のうちは意識障害までは至らず推移していきますが、重症になると頭痛が起こったと同時に意識を失って倒れこむようになります。

意識障害が出ても、病状の程度によっては数分から数十分ほどで意識を回復する場合もありますが、重症だとそのまま帰らぬ人に…ということになりやすいのです。また、症状の軽重に関わらず意識を失ったときに頭を強く打ってしまうというケースも見られます。

脳内血腫

くも膜下出血は脳血管障害にありがちな手足の麻痺などはめったに見られない病気ですが、出血を起こした部位によっては血の塊である血腫を発生させることがあります。脳内血腫が発生すると失語症や手足の片麻痺を引き起こす場合があります。

  • <くも膜下出血を詳しく知ろう!>前兆・症状や後遺症と生存率・原因も
  • <くも膜下出血発病の原因は何だ?>脳動脈瘤・喫煙や飲酒・高血圧・外傷やストレス
  • <くも膜下出血に関係のある病気>脳内出血・脳卒中・脳梗塞・心筋症
  • <治療・予防のガイドライン>診断・治療や手術・運動/食事による予防
  • <くも膜下出血コラム>リハビリ・有名人の中にも・年齢による違い